kanten diet

健康食!寒天不思議パワー 〜healthy foods! agar wonderful power〜

医学的見地からみた寒天の魅力。

長年、高血圧や肥満治療の一環として寒天を用いてきた杤久保修先生が
推奨する寒天ダイエットをご紹介します。

自然に食事の量が減り無理なくやれると医師が推奨する寒天ゼリーダイエット

横浜国立大学医学部教授 杤久保修先生
横浜市立大学医学部教授
杤久保修先生
トチクボオサム/1943年生

■やせられない人も順調にやせていく

ここ15年ほど、日本人の体重は増え続けています。男性は年齢を問わず増加し、女性は20代のみ減少傾向にあるものの、それより上の世代では増加傾向が強まっています。中年以降に体重がふえやすいのは、誰しも実感するところですが、ほとんどの場合、この増加分は脂肪です。

脂肪は、皮膚の下の皮下脂肪と、腹部の内臓の周囲にある内臓脂肪(腹部脂肪) に分けられます。私達は、患者さんたちが肥満、特に内臓脂肪が多い 「内臓脂肪型肥満」を予防・解消できるように、さまざまな指導を行っています。内臓脂肪が多く付いていると、高血圧、糖尿病、高脂血症などになりやすいことがわかっています。最近は、肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症が重なると、死亡率が高くなることがわかり、これらを「死の四重奏」と呼んでいます。つまり、内臓脂肪が増えるほど、死の四重奏がそろう危険性が増すのです。それを防ぐためにも、内臓脂肪型肥満の予防・解消が大切です。ちなみに、ヘソの高さで測った腹囲が、男性で85cm、女性で90cm以上あると、内臓脂肪型肥満が疑われます。

こうした内臓脂肪型肥満の対策として、私たちが提唱してきたのが「計るだけダイエット」 です。これは、50g単位の体重計で、朝食前(排尿・排便後) と、夕食後の2回、体重を計って記録する方法です。この差がプラス600g以内なら、翌日には必ず体重が減ります。こうして、一日に50gくらいずつ減るようにしていきます。朝食前に比べて、夕食後の体重が1s以上増えると、翌日の体重は減りません。これは食べすぎか運動不足なので、それらを調整します。特に、私たちが「勝負どころ」にしているのが夕食です。夕食で食べすぎると、あとはあまり活動しないで寝るだけですし、夜は代謝 (体内での物質の変化や入れ替わり) も落ちるので、エネルギーが内臓脂肪となってたくわえられやすいのです。

そこで、夕食に食べすぎないよう指導しますが、なかには、どうしても食べすぎてしまう人がいます。そんなときにおすすめしているのが、「寒天」 の活用です。夕食前に寒天を食べると、これまでダイエットできなかった人でも、楽に摂取エネルギーを減らせます。そして、順調にやせられる場合が多いのです。なぜなら、寒天には次の3つの特長があるからです。


1.食物繊維が豊富で腹持ちがいい

寒天は、「繊維のかたまり」といえるほど食物繊維が豊富です。寒天繊維は約100倍の水を吸収し、ボリュームが大きくなり腹持ちをよくするので、ダイエットの時はたっぷりとるほど効果的です。また、便通を促し、腸内環境をよくする働きもあります。

2.ほぼノンカロリーで無制限に食べられる

食物繊維を穀類や豆類などで摂収しようとすると、エネルギーも一緒にとってしまいます。しかし、寒天は食品自体がほぼノンカロリーなので、安心して食べられます。
また、WHO (世界保健機関) の食品規格部会では、寒天を「ノーリミテッド」、つまり制限なしに食べられる食品に分類しています。このことから寒天は、いくら食べても安心な食品であるといえます。

3.ほとんど無味無臭なので、いろいろな食べ方が楽しめる

寒天は、それ自体がほとんど味も香りもないので、食べ方のバリエーションが豊富で、飽きずにおいしく食べられます。このことも、ダイエットに非常に好都合です。

寒天は、糖の吸収のスピードを遅くする

寒天を常食すると、肥満や糖尿病などにどんな効果があるのか、以下の方法で調べました。肥満を伴う軽度の糖尿病の患者さん76名を二群に分け、どちらにも同様に栄養士による食事指導を行ったうえで、一方の群だけは、夕食前に寒天を食べてもらいました。
食べてもらったのは、角切りにした寒天ゼリー(寒天を水で煮溶かし、固めたもの)に、甘さを控えめにしたきな粉や黒みつなどで味つけしたものや、トコロテンなどです(トコロテンは、厳密にいうと寒天の原料になるものですが、ここでは寒天製品として扱います)。1回の量は175グラムで、ごはん茶碗一杯より少し多いくらいです。食物繊維量は、メニューによって違いますが、2.5〜4.5グラムでした。

こうして3カ月間の追跡調査を行い、前後の体重や体脂肪率、血糖値などの検査値を比較しました。すると、体重、体脂肪、肥満の指標であるBMIなどは、寒天を摂収した群のほうが明らかに減少していました (BMIは体重 (キログラム)を身長 (メートル )の二乗で割った数値で、22が適正、25以上が肥満)。空腹時血糖値や、過去2カ月程度の血糖値の指標となるヘモグロビン、血中コレステロール値なども、やはり寒天摂取群で明らかな低下がみられたのです。体重や体脂肪、BMIが減少したのは、ほぼノンカロリーの寒天をとることで、夕食の量が減って無理なくカロリーダウンできたからでしょう。

一方、血糖値やコレステロール値の改善は、肥満の改善によるほか、寒天の食物繊維が直接的にも働きかけた結果と考えられます。コレステロールは肝臓でこわされ、消化液の一種である胆汁酸の材料となって小腸に流れこみます。通常、これが再吸収されてまたコレステロールの材料になります。しかし、腸内に食物繊維が多いと、胆汁酸が繊維に吸着され、排泄が促されます。すると、体内にコレステロールの材料が減り、コレステロール値が下がるのです。
また、腸内に食物繊維が多いと、糖質が吸収されるスピードも遅くなります。その結果、血糖値やヘモグロビンも下がるわけです。

寒天の常食は、肥満対策ばかりか、血糖値やコレステロール値などの改善にも効果的なことがわかりました。この研究結果をまとめた論文は、イギリスの医学専門誌に掲載され、外国の研究者の関心も呼びました。寒天は、現代の食生活の問題点をカバーする低エネルギー・高繊維食品です。日本人に不足がちなカルシウムも豊富で、現代人にとって理想的な食品といえます。ぜひ寒天を見直していただきたいと思います。

■夕食の直前に食べるのがポイント

寒天のとり方に、もちろん特別な決まりはありません。しかし、ダイエットや生活習慣病対策として役立てるさいには、いくつか知っておくとよいポイントがあります。ここではそれを紹介しましょう。


基本のとり方

基本的なとり方としておすすめなのは、夕食前に170〜180gの寒天ゼリー(寒天を水で煮溶かして固めたもの)を食べることです。ここでポイントとなるのが、「夕食の直前」にとること。夕食を食べる前に、寒天ゼリーを食べることで満腹感が得られ、夕食の量を自然に減らすことができます。

寒天ゼリーを食べたあとは、夕食を普通にとってかまいませんが、ダイエット効果を高めたい場合は、寒天ゼリーをごはんの代わりにし、副食は野菜や海藻、魚などが中心の献立にすることをおすすめします。ちなみに、食前に寒天ゼリーを食べるのは夕食時だけです。無理をして3食とも行うと、長続きしませんし、リバウンドのおそれもあるのでおすすめできません。こうした寒天ゼリー食と共に、なるべくよく歩くこと(1日1万歩が目標) を心がければ、3カ月後には、かなりの確率でダイエットに成功することができるでしょう。

寒天ゼリーは、寒天 (角寒天、粉角天、糸寒天のいずれでもよい) を水で煮溶かし、容器に入れて固めるだけで簡単に作れます。これに、好みで黒みつ、ハチミツ、酢醤油などを少量かけて食べます。ワカメなどの海藻や生野菜と盛り合わせ、サラダとして食べるのもいいでしょう。飽きないように、味つけや食べ方をいろいろ工夫してください。また最近は、そのまま食べられるさまざまな寒天食品 (角切りや麺状に固めた寒天食品、トコロテンなど)も出ています。これらを利用するのもよいでしょう。

HOMEへ
メール リンク サイトマップ アクセス解析 & SEM/SEO講座 by CUBIT